35歳で会社を辞めてサイト運営で生計を立てているフリーランスのブログ

現役Webデザイナーがお答えします

グーペの口コミ評判|プロのWebデザイナーが使って分かったメリットとデメリット

グーペ ホームページ簡単作成
グーペ(Goope)は、専門の知識がなくともお店のホームページが簡単に作れるサービスです。

美容院やサロン、飲食店などを営業していくうえで、ホームページは欠かせません。なぜなら、お客様は、お店への地図や営業時間、メニュー、イベント情報などをスマホを使って調べる機会が増えているからです。

しかし、「ホームページ制作を業者にお願いしたら50万円の見積もりがきた。はっきりいって高い」「知識がないからどうやってホームページを作成・運用していいかわからない」という悩みがあるかと思います。

私は、Web制作の会社で12年間勤めていて、そんな話をたくさん聞いてきました(現在はフリーランスです)。大企業なら予算を出せますが、まだ開業したばかりのお店は、ホームページ制作に回せる予算が限られているんですよね。

それに、見よう見まねでホームページを作っても、お店の特徴を出せるようなデザインは、素人にはなかなかできません。

そんなときに活用したいのがグーペです。月額たったの1,000円から利用でき、しかも、とびきりおしゃれなホームページが簡単に作成できます。

私はこのサービスをはじめて知ったとき衝撃でした。何十時間もかけて制作するホームページが、ほんとうに簡単にできてしまうんですよね。

このページでは、プロのWebデザイナーとして働いてきた私が、実際にグーペを利用してわかったメリットやデメリットなど口コミ情報を徹底的に紹介します!

個人事業主やお店(美容院、飲食店、マッサージ、サロンなど)の開業を考えている人、会社のオフィシャルサイトを作成したい人に、参考にしていただけます。

スポンサードリンク

グーペを使ってわかった20のメリットと活用方法


グーペを使ってできることを一覧でまとめます。「こんな機能がほしかった」「この機能はお店のサービスに使えるかも」という観点で確認してみてください。

グーペのようなサービスは、他にもあるんですが、最も大事なことは「やりたいことを実現できるかどうか」です。

ホームページは、一つの機能を導入するだけでも数万円かかることがあります。そのため、利用料金の範囲内でできることは、最重要なんです。これが、サービスを選ぶ基準になりますよ。

なお、グーペは「通常プラン」「DXプラン」「ビジネスプラン」があるのですが、一番人気のDXプランを基準に話をすすめます。通常プランかDXプランかで悩んでいるなら、DXプランが絶対的におすすめです。12ヶ月契約なら料金は同じなので

以下は、グーペを使ってできることと活用方法を一覧で紹介します。

(1)お店のホームページが作成できる 大前提
(2)デザインテンプレート デザインは、テンプレートを適用させるだけ。HTML・CSSカスタマイズ可能
(3)スマホ対応 スマホやタブレットで見ても表示がきれい
(4)独自ドメイン お名前.comなどで取得したドメインを設定可能
(5)フリーページ 何ページでも作成可能(容量は5GB)
(6)メニューページ お店のメニュー・サービス・プランを掲載
(7)求人ページ アルバイトやパートさんなどの採用情報を掲載
(8)お問い合わせフォーム 無料で設置可能
(9)予約フォーム 無料で設置可能。美容院やサロンに最適
(10)ブログ お知らせやニュースを管理画面から投稿
(11)カレンダー 定休日やイベント情報を掲載
(12)外国語翻訳機能 英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、日本語、韓国語、中国語、中国語 (繁体字)に自動翻訳
(13)SNS ボタン設置可能。更新をSNSへ自動投稿可能
(14)スライドショー トップページに画像切り替え表示
(15)フォトアルバム イベントや料理の写真を掲載
(16)PDFアップロード 資料やカタログ、チラシなどのPDFを掲載
(17)クーポン発行 ページ印刷、QRコード付き
(18)メルマガ発行 新商品情報、キャンペーンやコラムなど配信
(19)アクセス解析 アクセス数がわかる。Googleアナリティクスも設置可能
(20)ネットショップ 有料オプションだが格安で利用可能

「ホームページにあったらいいな」と思える機能をざっとみただけで20個もありました。私が実際に取引していたクライアントからもよく要望をいただいていた機能ばかりです。

これらが料金範囲内で、すべて実現できます。

グーペの使い方


ここでは、グーペの使い方を紹介します。

わかりやすいように、サンプルとしてパン屋さんのホームページを作ってみました。各機能を使って作成したページもご覧いただけます。


グーペの管理画面です。メニューに沿って、説明通りに設定すれば、だれでも簡単にホームページが作成できます。

デザインは、あらかじめ用意されたテンプレートを選択するだけです。


テーマのHTML、CSSも編集できるので、デザインをカスタマイズしたり、Google アナリティクスを入れたりといったことも可能です。


ブログ機能で、お知らせを簡単に配信できます。フリーページを作る際も、同じような感じで作成できます。HTMLでの入力も可能ですので、YouTubeを埋め込んだり、リンクを貼ったりも可能です。


リッチエディタにすれば、ボタンを押すだけで太字や画像挿入、リンクの設定ができます。専門の知識は必要ありません。


メニューも簡単に作成できます。


カレンダーでは、定休日やイベントを配信できます。


メニューの並び替えもドラッグするだけで簡単。


クーポンの配信画面。こんな機能も直感的に操作できます。


予約フォームの作成画面。お問い合わせや予約があれば、管理画面で管理できます。


自動翻訳機能がついているので、インバウンド向けに多言語サイトを簡単に作ることもできます。


スマホでは上記のような表示になります。

原稿(写真やテキスト)さえ用意できれば、管理画面に入力していくだけで、おしゃれなホームページが作成できます。最低限の情報だけなら、1~2時間もあれば公開できますよ。

スポンサードリンク

グーペの料金はどれくらい安い?Web制作会社の見積もりと比較


機能がたくさん使えても料金が割高であれば、お得感はないですよね。

そこで、私がWeb制作会社に勤務していたときと同じ算出方法で、見積もりを作ってみました。

仕様

今回は、比較しやすいように以下の仕様でホームページを作ったと仮定します。

▽パン屋のホームページ
・全5ページ(コンセプト、メニュー、写真ギャラリー、よくある質問、店舗情報)
・スマホ対応
・毎月Webクーポンを掲載
・ブログ(新着情報)
・お問い合わせフォーム
・独自ドメイン「.com使用」

この仕様で、グーペとWeb制作会社の料金を比較します。

グーペの料金

グーペで作った場合の料金は以下のようになります。

項目 料金
DXプラン利用料金 12,000円(12か月契約)
初期費用 3,000円
独自ドメイン 年間約1,000円

初期費用は、初回だけです、例えば、2年運用なら27,000円、10年なら123,000円になります。独自ドメインは別途料金がかかりますが、お名前.comで取得すると年間約1,000円程度です。

グーペの料金体系は月額利用なので、契約している限りランニングコストがかかる仕組みです。

それでも、10年で123,000円はめちゃくちゃ安いです。10年もたてば、ホームページも現在とは違う形になっているかもしれませんし、事業が別の方向に進んでも、辞めたくなったら簡単に辞められるのも魅力です。

Web制作会社の見積もり

次に、私が勤めていた会社の算出方法をベースに、見積もりを作ってみました。

▽ホームページ制作費

項目 料金
進行管理 40,000円
サイト設計 12,000円
Webデザイン(PC用) 90,000円
Webデザイン(スマホ用) 60,000円
HTMLコーディング 75,000円
お問い合わせフォーム 30,000円
ブログ(WordPress仕様) 150,000円
【合計】 457,000円

▽ランニングコスト

項目 料金
クーポン更新 1回5,000円
独自ドメイン 年間約1,000円
レンタルサーバー 月額約1,000円

まず、ゼロからデザインを制作して、ホームページを構築するので制作費が457,000円かかります。

そしてクーポンを更新する度に更新料が5,000円かかります。

ランニングコストは、別途、独自ドメインとレンタルサーバー代がかかります。グーペの料金には、レンタルサーバー代が含まれているので、この項目はありませんでした。

※あくまで参考価格です。

比較して感じた決定的な違い

比較してわかった最も重要なことは、メンテナンスの料金の違いです。

ホームページは、作って終わりではありません。運用体制や時代の移り変わりに合わせて、作り替えたり、更新しないといけないんです。

そのため、40万円かけて作っても1年後には、同じくらいのコストをかけてリニューアルを余儀なくされくることも。

最近では、スマホ対応がいい例です。ほんの数年前まで、スマホなんてなかったですよね。しかし、急速に普及した結果、ホームページをスマホに対応させなければならず、大金をかけてリニューアルする例がいくつもありました。

その点、グーペは、特別にコストをかけずとも、時代に合わせて機能やデザインが追加されていく可能性があります。それに、どうしてもサービス内容に満足できなくなれば、別のサービスに乗り換えればいいだけ。コストを最小限におさえられます。

また、グーペならテキスト修正や画像の変更など、ちょっとした作業もすぐに自分で対応できます。制作会社に発注すれば都度、数千円から数万円がかかり、納期を要します。

メンテナンス性や長期的にみたコスパでは、グーペに軍配が上がります。

なぜグーペは安いのか

家具で考えるとわかりやすいと思います。

グーペは、すでに出来あがっている家具を買います。決められた物の中から、色や組み合わせは、自由に選ぶことができます。デメリットは、オリジナリティあふれる仕様にはできないことです。

Web制作会社は、オーダーメイドの家具です。材料からデザインまで、すべて自分好みに注文できます。デメリットは、その分コストがかかってしまいます。

すでに用意されたものを使って作るのでグーペは安いのです。

とはいえ、気になるのは、デザインの良し悪しだと思います。デザインにこだわりを持っているお客様は多かったです。しかし、ぶっちゃけるとよほど個性的なデザインでない限り、デザインの良し悪しを決めるのは写真です。

テンプレートでも写真を変えるだけで、魅力的でかっこいいデザインになるんですよね。そもそも、グーペのテンプレートは、おしゃれなので、デザインを気に入るならグーペの方が圧倒的にコスパがいいです。

どうしても細部までこだわりたいなら、お金をかけて、Web制作会社にオーダーするのがよいかと思います。

グーペのデメリットと注意点

独自ドメインでの運用は必須

グーペでは、何も設定しなければ以下のようなURLになります。

http://r.goope.jp/website-fun
※website-funのところを好きな名前にできます。

グーペ独自のURLになります。このURLでの運用はできるだけ避けましょう。なぜなら、グーペを辞めて他のサービスに乗り換えることがあれば、このURLは消滅してしまうからです。例えば、名刺やパンフレットにURLを印刷していれば、刷り直しになります。

そうならないように、グーペでは独自ドメインを設定しましょう。

http://website-fun.com/

独自でメインなら、好きなURLにできます(ドメインがあいていれば)。それに、グーペを辞めても、このドメインは別のサービスで引き続き利用できます。

独自ドメインは、利用者が多いお名前.com
で取得するといいでしょう。取得したドメインは、グーペの管理画面から設定できます。

グーペ経由でも独自ドメインを取得できますが、料金が割高なのと、別のサービスで利用できないのでおすすめではありません。

大規模サイトは不向き

グーペは、小規模なホームページ運用に適しています。1,000ページあるような大規模サイトや商品点数が10,000点あるようなシステムを要するサイトには不向きです。DXプランの最大容量が5GBです。

先ほども書きましたが、グーペは、あらかじめ「型」が用意されていることで、低価格を実現しています。

複雑なカスタマイズやシステムが必要なら、別のサービスを検討するか、制作会社に相談した方がいいでしょう。

写真や原稿は別途用意する


ロゴや写真、イラスト、テキストなどの素材は、別途用意しましょう。グーペは、あくまでホームページの作成機能を提供してくれるサービスです。

もちろん、自分で撮影して、テキストを考えればコストはかかりません。とはいえ、ホームページを作成するにあたって、ロゴや写真、イラスト、動画などの素材があればより魅力的なホームページに仕上げられます。

例えば、デザインをかっこよくしたいのであれば「写真」だけいいものをそろえてみてください。それだけで、一気におしゃれなホームページになります。

しかし、これらの素材を発注するとしても、どこに頼めばいいかわからないこともあるかと思います。制作会社や代理店に頼むと、やはり料金が高くなります。

最もおすすめなのは、ココナラを利用することです。800人以上のクリエイターが在籍しており、安くてクオリティの高い素材が手に入ります。売買の仕組みが出来上がっているので、発注するのも簡単なんですよね。

グーペと合わせて利用することで、ホームページのデザインを高めることができますよ。

まとめ:グーペの口コミ評価

グーペのメリットは以下の2点につきます。

・料金、維持コストが安い
・簡単におしゃれなホームページが作れる

実際に使ってみて、ほんとうに簡単なことがわかりました。

Webサービスが主体の大きな規模のサービスなら、グーペでは物足りないかもしれません。

しかし、飲食店や美容院といった小規模ビジネスで、ホームページを持ちたいなら、グーペで十分です。

Web制作会社に何十万も支払って作っても、コストと見合わないケースの方が多いです。むしろ、制作会社の人も予算やスケジュールが合わない案件ならグーペをすすめる方が賢明です。

私もホームページ制作を頼まれることがあるので、グーペも提案の一つとしてもっておきます。

なお、グーペは、15日間の無料おためし期間が設けられています。使い勝手を試すことができますよ。