ホームページ作成に役立つサイト

現役Webデザイナーがお答えします

【リファラースパム対策】Secret.Google.com You are invited! Enter only with this ticket URL. Copy it. Vote for Trump!

2016年11月中旬頃から、Googleアナリティクスのユーザー→言語に「Secret.Google.com You are invited! Enter only with this ticket URL. Copy it. Vote for Trump!」という謎の言語が検出されるようになりました。

私は5つのサイトを運営していて、そのすべてで同様の現象が起こっています。これはリファラースパムと呼ばれる悪質な訪問者です。

セカンダリディメンション→参照元を確認すると以下のような参照元からのアクセスがあることがわかります。

thenextweb.com
abc.xyz
addons.mozilla.org
reddit.com
buketeg.xyz
bukleteg.xyz
webmasters.stackexchange.com
lifehacĸer.com

おそらく聞き慣れないURLだと思います。国を調べるとRussia(ロシア)からのアクセスでした。

リファラースパムとは、「どんなサイトから訪問しているのだろう?」と気になった管理者が、そのURLにアクセスするとウイルスに感染したり、悪質なサイトに誘導されたりするものです。

アクセスしなければ問題はありませんが、アクセス解析の数字の邪魔になるので、データを拾わない設定にしておくのが望ましいです。

スポンサードリンク

言語設定のフィルタで除外

上記で紹介したURLを一つずつ除去してもいいのですが、今回は「Secret.Google.com You are invited! Enter only with this ticket URL. Copy it. Vote for Trump!」という同一言語という共通点があるので、言語でフィルタをかけた方が楽です。

Googleアナリティクス→管理→アカウントを設定したサイトに変更→ビュー→フィルター→ファイルタの追加にアクセスします。フィルタ情報を以下のように入力します。

フィルタ名:リファラースパム(わかりやすい名前ならなんでもOK)
ファイルタの定義:カスタム
除外
フィルタ フィールド:言語設定
フィルタ パターン:Secret.Google.com You are invited! Enter only with this ticket URL. Copy it. Vote for Trump!

最後に保存をクリックして完了です。設定後は、データに反映されなくなります。ただし、設定以前のデータには反映されたままになります。省いたデータをみたい場合は、アドバンスフィルタで除外できます。以下は一例です。

アドバンスの設定:除外 言語、完全一致 Secret.Google.com You are invited! Enter only with this ticket URL. Copy it. Vote for Trump!

適用をクリックすれば除外されます。