35歳で会社を辞めてサイト運営で生計を立てているフリーランスのブログ

現役Webデザイナーがお答えします

ブログ・アフィリエイトで独立して心が病んだら実践してほしい3つの安定剤

実はこの記事を書く前に、こんなタイトルで10記事くらい書いていました。

「会社を辞めて3か月。ブログ収益のみで生活した結果、心を病みました」
「サラリーマンが副業ブログで独立する前に知っておいてほしい3つの真実」
「ブログ・アフィリエイト収益のみで生活をはじめた私の3か月」

しかし、そのすべては公開ボタンを押す前に、お蔵入りさせました。

タイトルから想像する通り、すごくネガティブで悲しみや苦しみ、悩みを言いたいだけの記事だったからです。前向きな記事が、どうがんばっても書けなかった。

実際、この3か月間は精神が不安定な状態が続き、ほんとうに苦しかったです。話を聞いていただいた方々、ほんとうにありがとうございました。

ブログ・アフィリエイト収益のみで生活すると聞くと、好きなことをして楽しいイメージがあるかもしれません。会社での人間関係に疲れて、一人で仕事をすることへの憧れがあるかもしれません。

しかし、私が心を病んだ最たる原因は「孤独」です。一人は好きな方なんで、寂しさや劣等感で悩むとは思いもよりませんでした。

でも今は、全快したといってもいいぐらい落ち着いて集中しています。

貴重な3か月間に感謝しています。

これから、サラリーマンを辞めて独立する人は増えていくでしょう(たぶん)。そんなとき、もしかしたら、同じように悩みを抱えるかもしれない。その人達に向けて、記事を書きます。

心の隙間は時間の経過が埋めてくれる

「時間はお金では買えない!どんどん投資しよう!」

ネットでは、こんな言葉をよく見ます。それは確かにそう。しかし、病んでいるときには危険な言葉です。深く考えると、泥沼にはまります。

とくに、独立したてのころは、売り上げや人付き合いが気になり、無理してでも仕事をすすめるでしょう。SNSでがんばっている人を見ると、あせってあせってどうしようもなくなります。

ところが、病んでいるときの集中力は確実に落ちています。私もパソコンの前に座るものの、ぼーっとしてブラウザを閉じたり開いたり、無駄な時間を過ごしていました。

これがほんとうによくない。心がのらないときは、すべてを忘れて、しっかりと休むことが大切です。遊びに没頭したり、好きなだけ寝たり。

私はこれができなかったので、かなり苦しみました。

今思えば、病んだ心を回復させる一番の治療法は「時間の経過」です。

時間が経てば、すべてを忘れます。だから、苦しまないで、しっかりと休む時間にあてましょう。私も1か月間ぐらい何もしなければよかったと思ってます。

確かに、時間はお金を払っても取り戻せません。そう考えると、あせります。

とはいえ、「自分の体調を回復させる時間」と考えれば、それはとても有意義な時間です。仕事をすることが、生きるすべてではありません。長い目で見ると時間はたっぷりとあります。

だから、苦しいときが過ぎるまで、ゆっくりと休養してほしいです。

難しいかもしれないけどSNSを見るのをやめよう

たぶん、これまでの人生で最もSNSを見ていた期間でした。サラリーマンのときは、通勤電車でさっと情報をチェックするだけだったし、どんなツイートを見てもなんとも思わなかったんです。

ところが、SNSを見るたびに嫉妬、劣等感、うらやましさ、怒りで私の心は埋め尽くされていました。

しかも、がんばっている人や楽しそうにしている人、ズバズバと意見を言う人に対してです。

不思議なことに、そんな人達に批判的な感情になってしまうんですよね。

それはなぜかというと、自分が攻撃されているように感じてしまうからです。

SNSは、同じようなことを発言している人がすごく多い。しかも、誰に言ってるかよくわからない。

それらすべてが、自分に向けての攻撃だと錯覚してしまうんです。思考がネガティブになっているので、ズバズバと心臓に突き刺さります。だから、SNSを何度もチェックしてしまうようになる。「また自分の悪口を言われてるかも。。。」と思ってしまうから。

とくに何かを「対」にした意見です。

例えば、「仕事ができない人は〇〇。なぜなら~」とか「人付き合いが下手な人は〇〇。それは~」とか。

その「対」となる人(仕事ができない人)に自分を当てはめてしまう。これが、苦しくて腹が立ってきます。だから、自分のツイートにもおのずと批判や悪口など、トゲがにょきにょきとはえてしまう。これが悪循環になります。本来、自分が好むSNSの使い方と違ったやり方をしているからです。

もちろん、意見をズバズバ言う人が悪いのではありません。それは、ビジネスのやり方なので、賛同する人がいることには、需要があります。

そう、ビジネスなんです。キャラクターを演じている。そう思うことで心が軽くなり、気にならなくなりました。

意見がぶつかり合うことは、時としていいかもしれないけど、誰かもわからない人に腹を立てても仕方なですよね。「それは違うよ!」と吠えたところで、何も変わらないからです。理由は、ビジネスでやってるから。むしろ、手法として学ぶべきところです。ほんとうに危ないことをしていれば、勝手に落ちていくと思うので。

心が病むとSNSに居場所を求めてしまいます。しかし、心が落ち着くまでは、できるだけ見ないようにする。

そして、絶対に感情的になってはいけないです。心が落ち着いたときに「なんであんなことを言ってしまったんだろう」って後悔することになります。

私は、4コマ漫画や子どもネタなど、くだらないことをツイートすることで気を紛らわせました。

くだらなさすぎて、少しだけフォロワーが減った気がしますが、私は元気です笑。

スポンサードリンク

誰かに愚痴を聞いてもらう

会社には、周りに人がいます。仲が悪い人もいるかもしれませんが、気が知れた人とは、休憩時間やトイレで話すことはあると思います。

そんなとき、愚痴をたくさん言い合ってたと思うんですよね。

しかし、独立すると一人になります(特にアフィリエイトは)。想像以上に孤独になります。

愚痴って言いすぎると暗い雰囲気になることもあります。おもしろくないかもしれない。しかし、心が疲れたときに愚痴を言うことは、そんなに悪いことではないです。

心の中の思いを言葉にすることで、気分が軽くなるならそれでいでしょう。「うん、うん」って聞いてくれるだけで安心しますよね。

かっこつけなくてもいいので、友人でも妻でも、自分の悪い部分をさらけ出したらいいです。

私もこの3ヶ月で多くの人に、愚痴を言ってしまいました。聞いてくれた人には、心から感謝しています。

おかげで、またがんばれそうです。ありがとうございました。

最後に

独立して心を病んでしまったら、実践してほしいことをまとめます。

・しっかり休養して時間の経過を待つ
・SNSをできるだけ見ない
・誰かに愚痴を聞いてもらう

特に、時間の経過は大切です。あせると空回りするので、しっかりと休むことをおすすめします。

実際は、難しいですけどね。頭ではわかっていても、なかなか休めないものです。

それでも、あせる必要はありません。チャンスは何度でも巡ってきます。必ず。

私もそう考えると楽しくなってきました。たっぷりと時間があるので、なんでもできます。これからは、もうちょっと外に出て行こうかなと思っています。