35歳で会社を辞めてサイト運営で生計を立てているフリーランスのブログ

現役Webデザイナーがお答えします

WordPressを複数構築できるレンタルサーバー比較|ブログもサイトもこれ一つでOK!

レンタルサーバー比較Wordpress
Wordpressを一つのレンタルサーバーに構築できれば、月々のサーバー代を安くできます。

・個人ブログを複数作りたい
・店舗毎にサイトを作りたい
・オフィシャルサイトとブログを両方作りたい

このような用途でも、いくつもレンタルサーバーを借りる必要はありません。

ただし、どんなレンタルサーバーでもいいわけではなく、PHPやMySQL(データーベース)などが使えないと、WordPressを複数構築できないので注意しましょう。

このページでは、WordPressを複数構築できるおすすめのレンタルサーバーと選び方をまとめました。

スポンサードリンク

レンタルサーバーの選び方|必ず確認しておきたい5つのこと

WordPreesの仕組み
WordPressを複数構築できるレンタルサーバーを選ぶ時は、必ず以下の要件を確認しておきましょう。

(1)PHP:使えるかどうか
(2)MySQL(データーベース):何個使えるか
(3)マルチドメイン:何個使えるか
(4)容量:何GB使えるか
(5)月額料金

これらさえ把握しておけば、目的に応じて10でも100でもWordPreesを構築できます。

(1)PHP

WordPressはPHPというプログラム言語を使って、構成されています。そのため、レンタルサーバーでもPHPが使えるかどうかを確認しておきます。

安いレンタルサーバーでは、まれに使えないことがあります。

(2)MySQL(データーベース)

MySQLとは、データを貯めておく箱のようなものと考えてください。WordPressで作成した記事の内容などMySQLに貯まっていきます。

そしてMySQLは、一つのWordPressに対して一つ必要になります。

10個のブログを作るのであれば、10個のMySQLが使えなくてはなりません。

一つしか使えないプランもあれば、100個使えるプランもあります。単純に100個使えれば、100のWordPressを構築できます。

基本的には、MySQLの数が多くなると、料金が高くなるケースが多いです。

(3)マルチドメイン

ブログごとに、ドメインを変えたいのであれば、マルチドメインがいくつ使えるかも確認しておきましょう。マルチドメインとは、一つのレンタルサーバーで使えるドメインの数のことをいいます。

無制限で使えるレンタルサーバーもあれば、数を限定されているレンタルサーバーもあります。

▽例
ブログ1:http://sample.com
ブログ2:http://example.com
ブログ3:http://test.com

マルチドメイン対応であれば、上記のように異なるドメインを一つのサーバーで運用できます。本番用とは別に、テスト用のブログを作りたいときにも有効です。

ただし、以下のようなURLでWordPressを構築したいときは、マルチドメインである必要はありません。

▽例
ブログ1:http://sample.com/
ブログ2:http://sample.com/test/
ブログ3:http://sample.com/blog/

これは、一つのドメインの中に、フォルダを作ってWordPressを作る方法です。これなら、マルチでメインに対応していないサーバーでも、データベースの数だけWordPressを構築できます。

(4)容量

WordPressで複数サイトを運営するなら、容量に注意しておきましょう。

といってもWordPrees自体は、容量を食わないので、それほど気にしなくてもかまいません。それよりも、画像や動画、PDFといったファイル群です。

運営サイトによっては、容量が足りなくなることもあるでしょう。容量無制限や後から容量を追加できるサーバーもあるので、確認しておきましょう。

(5)月額料金

基本的には、MySQLや容量が多くなるほど、月額料金は高くなります。どんなサイトをいくつ運営するかを想定して、予算と相談しましょう。

例えば、オフィシャルサイトとブログだけなら、本番用とテスト用にMySQLが5つもあれば十分です。5つ程度なら月額1,000円以下で使えるサーバーもあります。

大規模サイトの構築やいくつ構築するかわからない場合は、容量、MySQL、マルチドメインが無制限で使えるサーバーもあります。

用途を満たすサーバーは必ずあるので、次項で比較して紹介します。

選び方まとめ

・PHP:使える
・MySQL(データーベース):100個
・マルチドメイン:100個
100のWordPressを構築できる。ただし、容量には注意しておく。

補足:初心者ならこの機能があればなおよし!

簡単インストール機能

WordPreesは、初心者には難しいイメージがあるかもしれません。


しかし、最近では、簡単な設定をするだけで、専門の知識がなくともWordPressを構築できるレンタルサーバーが増えています。

マニュアルが用意されているので、初心者のブロガーでも企業のWeb担当者でも、すぐに構築できますよ。

バックアップ機能

データベースやWordPressのファイルを自動でバックアップをとってくれる機能です。

「あやまってデータを消してしまった」「ウイルスなどの被害でデータが改ざんされた」という場合でも、データ消滅という最悪の事態を防げます。

スポンサードリンク

WordPressを複数構築できるおすすめのレンタルサーバー

上記の要件をすべて満たした、おすすめのレンタルサーバーを紹介します。

予算やサイト規模によって、選んでみてください。

エックスサーバー|コスパのいいスタンダード


月額900円(税抜)の低価格で、高速&大容量のサーバー利用できるためコスパがよく、人気があるサーバーです(運用サイト数120万件以上)。個人(ブロガー)から企業まで幅広いサイト運営でおすすめ。独自SSLが無料で使えるので、常時SSLも可能。

PHP 使える
MySQL スタンダード(50個)~
マルチドメイン スタンダード(無制限)~
WordPrees簡単インストール あり
バックアップ あり(別途有料オプション)
容量 スタンダード(200GB)~
月額費用 スタンダード(500円/月)~
無料お試し期間 10日間
運営会社 エックスサーバー株式会社

メリット

・コスパのよさで非常に人気が高い
・速度、安定性に優れている
・大量アクセスや高速化に強いnginx搭載
・WordPreesを簡単にインストールできる
・独自SSL無料
・国外IPアドレスからのアクセス制限
・メールアドレス無制限

最安のスタンダードプランでもWordPressを50個構築できます。

Zenlogic(ゼンロジック)|無制限でWordPress構築可能


ファーストサーバーが運営するレンタルサーバー。8つのプランがあり、オフィシャルサイトでもネットショップでも求めるスペックに応じて選択できます。そのため、少しでもサーバーの精度を上げておきたい企業におすすめです。海遊館やニフレルといったアクセスの多い観光施設のサイトでも利用されています。

PHP 使える
MySQL プランS(無制限)
マルチドメイン プランS (無制限)
WordPrees簡単インストール あり
バックアップ あり
容量 スタンダード(300GB)~
月額費用 スタンダード(890円/月)~
無料お試し期間 2週間
運営会社 ファーストサーバ株式会社

メリット

・無制限でWordPressを構築できる
・Yahoo! JAPANのIaaS型クラウド基盤を採用
・プランが豊富
・24時間365日の無料サポート
・対面サポートあり
・作業代行サービスあり
・WordPreesを簡単にインストールできる
・データバックアップあり
・独自SSL無料
・メールアドレス無制限

プランSは、月額890円から使えて、MySQLもマルチドメインも無制限で使えます。つまり、WordPressを好きなだけ構築できます。

テスト用に余裕を持たせておきたいときや、全国の店舗ごとにWordPressを作りたいといった用途でも威力を発揮します。

ただし、期間限定プランであるため、新規申し込みを締め切る可能性があるので、お早めに。

ロリポップ|月額料金が安く個人利用におすすめ


GMOペパポが運営するレンタルサーバー。古くから格安のレンタルサーバーとして人気です。個人利用から中小企業のWebサイトを中心に200万サイト以上の利用実績があります。

実績もあり品質も確かなので、費用を安くしたい人におすすめです。ページ数の少ないサイトや個人のWebサイト利用程度なら十分すぎる性能です。

PHP 使える
MySQL スタンダード(30個)~
マルチドメイン スタンダード(最大100)~
WordPrees簡単インストール あり
バックアップ あり(別途有料オプション)
容量 スタンダード(120GB)~
月額費用 スタンダード(500円/月)~
無料お試し期間 10日間
運営会社 GMOペパポ株式会社

メリット

・Webサービスを多く手掛けるGMOペパポが運営
・月額料金が安い
・WordPreesを簡単にインストールできる
・独自SSL無料
・突発的なアクセス集中でもエラーが出にくい同時アクセス数拡張
・24時間365日メールサーポート
・メールアドレス無制限

ロリポップは、最安のエコノミープランでは、WordPressは使えません。ライトプランも1個しか構築できません。複数構築したいならスタンダードプラン以上を選びましょう。

さくらレンタルサーバー|上場企業の信頼性


東証1部上場のさくらインターネットのレンタルサーバー。これまでの契約件数は40万件突破し、12年間の運用実績があります。

そのため、信頼性が抜群。企業のWeb担当者が「安くて信頼性のあるレンタルサーバーを探して!」という命題を背負った際も、上司への説得材料にしやすいのではないでしょうか。企業のWebサービスやショップのオフィシャルサイト、学校関連などビジネス用途としても使われています。

PHP 使える
MySQL スタンダード(20個)~
マルチドメイン スタンダード(最大20)~
WordPrees簡単インストール あり
バックアップ あり
容量 スタンダード(100GB)~
月額費用 スタンダード(515円/月)~
無料お試し期間 2週間
運営会社 さくらインターネット株式会社

メリット

・上場企業で信頼性が高い
・月額料金が安い
・WordPreesを簡単にインストールできる
・データバックアップあり
・グループウェアを利用できる
・Webフォント(30書体)を無料で利用できる
・共有SSLあり
・メールアドレス無制限

さくらレンタルサーバーは、最安のライトプランでは、WordPressは使えません。スタンダードプラン以上を選びましょう。

CPI|サポート充実。大規模なサイト運営に最適


KDDIグループが運営するレンタルサーバー。容量もマルチでメインもデータベースも無制限で使えます。24時間365日サポートや移転代行サービスなど、サポートが充実しており、法人向けサービスでも安心できます。上場企業や官公庁の利用もあり。

また、他の利用者に影響されない専用サーバーサービスも選べます。大規模サイトや社内向け社内向け業務システムなどの運営にも最適です。

PHP 使える
MySQL 共有サーバー(無制限)
マルチドメイン スタンダード(無制限)
WordPrees簡単インストール あり
バックアップ あり
容量 スタンダード(無制限)
月額費用 スタンダード(3,800円/月)~
無料お試し期間 10日間
運営会社 株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ

メリット

・無制限でWordPressを構築できる
・専用サーバープランあり
・稼働率100%保証のSLA
・24時間365日サポート
・移転代行サービスあり
・WordPreesを簡単にインストールできる
・データバックアップあり
・テストサイトからワンクリックで本番公開
・メールアドレス無制限

共有レンタルサーバーは、プランが一つしかないのでシンプルでわかりやすいです。

専用サーバーは、CPIに運用保守をまかせるマネージドプランと自由度の高いハイブリッドプランを選べます。どちらか迷っている方は、事前に問い合わせて相談してみましょう。

まとめ:WordPressを複数構築できるレンタルサーバー

PHP、MySQL(データーベース)、マルチドメイン、容量、月額料金を確認したうえで、用途と予算に応じて選びましょう。

最もおすすめはエックスサーバーです。高速表示にも定評があり、月額1,000円以下で独自SSLが使えるので、企業でも個人ブログでも最低限必要な条件は満たせます。スタンダードでコスパに優れているレンタルサーバーといえます。私も利用しています。

格安で無制限にWordPressを構築したいならZenlogicです。サイト規模に応じて、8つのプランが選べるので、無駄な予算をかけなくてすみます。

個人ブログやショップ、中小企業など10ページ~100ページ前後の小規模サイトならロリポップ!がおすすめ。月額料金が安く、初心者でも手を出しやすいです。

信頼性と低予算を求めるなら、さくらのレンタルサーバです。利用者も多く、レンタルサーバーを検討するなら必ず候補に上がります。

CPIレンタルサーバーは大規模サイト運営に最適。他の利用者に影響されにくいサービスを展開したいなら、専用サーバーを視野に入れておきましょう。

WordPressは、非常に優れたCMSです。ブログでもサイトでも、管理者が気軽に更新できるのが強み。更新費用をおさえたい企業にも喜ばれています。世界的に利用者も多いので、不明点もすぐに解決しやすいのもメリットです。