35歳で会社を辞めてサイト運営で生計を立てているフリーランスのブログ

現役Webデザイナーがお答えします

エックスサーバーの評価|SSLが無料で使えるコスパ抜群のレンタルサーバー

エックスサーバーのメリットとデメリット
私はエックスサーバーで、このサイトを含む4つのサイトを運営しています。非常にコスパがいいレンタルサーバーで、今のところ乗り換える気が全くないほど満足しています。

とはいえ、サーバー選びで悩んでいる人は、エックスサーバーの「どんなところがいいのか」「どんな用途に向いているのか」など、申し込むにあたって気になることがあるでしょう。

このページでは、エックスサーバーの評判やおすすめのポイント、他のレンタルサーバーとの比較、デメリットなど、初心者にでもわかりやすいように解説します。

エックスサーバーとは


大阪に本社を構えるエックスサーバー株式会社が運用するレンタルサーバーです。

コンセプトは、「高速」「多機能」「高安定性」。月額1,000円からのお手頃価格で、高機能なサービスを利用できるとあって、コスパのよさに定評があります。また。SSLも無料で実装できるようになり、常時SSLがやりやすくなりました。

個人のブロガー、アフィリエイターにものすごく人気があるサーバーです。運営サイト数は100万件を突破し、非常に勢いがあります。中小企業や小規模なショップにもよくすすめていますよ。

もっと安価なさくらやロリポップから「エックスサーバーに乗り換えた」という話もよく聞きますし、私自身もフリーブログ(FC2)から乗り換えた経験があります。

こんな人におすすめ

・低料金でスペックの高いレンタルサーバーを探している
・サイトの表示スピード・安定性を重視したい
・無料でSSL運用したい
・無料ブログからワンランク上のサーバーへの乗り換えを検討している
・中小企業のWebサイト、個人のブログ、アフィリエイト用
・WordPressを安定した環境で構築したい

上記のようなコンセプトでレンタルサーバーを探しているなら、候補として十分に当てはまります。次項からのおすすめポイントをチェックしてみてください。

スポンサードリンク

エックスサーバーのおすすめポイント

エックスサーバーが優れていると感じるメリットを以下にまとめました。

・料金プランがわかりやすい
・低価格で容量、データベースの数が多い
・安定性と高速化
・自動バックアップ
・独自SSLが無料
・24時間365日メールサポート
・マルチドメイン・メールアドレス無制限
・WordPressが簡単にインストールできる

とはいえ、同レベルのレンタルサーバーでは、どうしても価格や機能が似たり寄ったりになります。各社が競争しているので、当然ですよね。その中でも「エックスサーバーのここがすごい!」というポイントを絞って紹介します。

料金プランがシンプルでわかりやすい

レンタルサーバーを探していると、複数のプランがあって、違いがいまいち分からないことってありませんか?

エックスサーバーのレンタルサーバーのプランは以下の3つ。

月額費用 利用料金(36ヶ月契約) 900円(税抜) 1,800円(税抜) 3,600円(税抜)
プラン別特典 独自ドメインを無料でプレゼント ×
容量 Web + Mailディスク容量 200GB 300GB 400GB
MySQL 利用できるデータベースの数 50個 70個 70個

それぞれのプランの違いは「月額費用」、「プラン別特典」、「容量(ディスクスペース)」、「MySQLの数」の4つのみです。

マルチドメインやバックアップ機能、メールアカウントの数などの機能はすべて同じなんです。そのため、選択肢が少なくて選びやすいんですよね。

それでは、どのプランを選ぶのが適切でしょうか?大規模サイトを運営しない限りは、X10で十分かと思います。200GBの容量も50個のMySQLもそうそう使い切れません。

私もX10で500ページ越えのサイトを含む、4つのサイトを運営しています。旅行記事や商品レビューなど、写真点数は多いほうだと思います。それでも1GBほどしか使っていません。まだまだ、たっぷり容量があります。

仮にサイト運営が軌道にのり「容量が足りなくなった!」という場合は、プラン変更が可能です。X30の400GBまでは、サーバーを移転しなければならないといったリスクがありません。

なお、MySQLとは、データベースのことです。WordPressを運用するのであれば、通常、WordPress1個につき、1つのデータベースが必要です。X10であれば最大50個のWordPressがインストールできることになります

独自SSLが無料

SSLとは、通信を暗号化する技術のことです。暗号化することで、データを盗まれたり、改ざんされたりする危険を防止する役割があります。

通常、SSLを契約するには、年間数千円〜数万円のコストがかかります。それが嫌で「予算がないし、SSLはいらない」という企業も少なくありません。しかし、お問い合わせフォームや資料請求フォームといった個人情報を収集するページでは、SSLは必須です。それに、Googleが全ページSSLの「常時SSL」を推奨していることもあり、最近では特に注目を集めています。

エックスサーバーでは、SSLが無料で利用できます。これは画期的で、料金を払えなかった人もサイトをSSL化するケースが増えました(私も別のサイトでSSLにしています)。

URLが以下のような独自SSLを使えますよ。
SSL適用前→http://example.com
SSL適用後→https://example.com

ジオトラストやグローバルサインといったブランドSSLではないのですが、セキュリティの高いSSLであることにかわりはありません。

SSLに予算をかけられない企業や小規模なショップには、本気でおすすめしたいです。

ユーザーに確実に情報を届ける|安定性と高速化

エックスサーバーは、すべて防火・地震対策システム、停電対策、24時間管理体制を完備した国内大手データセンターで管理。サーバー稼働率99.99%を実現しています。

つまり、サーバーのトラブルで「Webサイトが見られない!」といったリスクが少なくなります。ちなみに、私は一日で5万アクセスほどのバズを経験しています。その時は、一時的にアクセスが集中して、サーバーが落ちました。しかし、それはほんのつかの間で、ほとんど影響がなく、ユーザーを取りこぼした形跡もなかったです。

普段、アクセスが少ないサイトも、テレビで商品が紹介されたり、SNSで拡散されたりといったバズが起こる可能性があります。安価なレンタルサーバーの中でも、エックスサーバーのスペックであれば、耐えうる安定性は兼ね備えているといえます(100万PVくらいのアクセスが、頻繁に集中するのであれば、もっとハイスペックがいいです)。

また、高速化への充実にも取り組んでおり、処理能力を向上させることで、閲覧にもストレスのない環境づくりが行われてます。

私はエックスサーバーで2年以上運営していますが、サーバーが不安定になった経験がありません。むしろ、「エックスサーバーにしてから表示が爆速になった」という声をよく聞きますし、私自身も体感しています。

データが消失しても安心の自動バックアップ

「データをうっかり消してしまった!」こんなに悲しいことはありません。企業のWebサイトであれば責任問題になるでしょう。

そうなったときには、すべてのプランに標準搭載されている自動バックアップサービスが助けてくれます。エックスサーバーでは、サーバー領域過去7日分・MySQLデータベース過去14日分を毎日自動でバックアップしているので、いざというときは、そのバックアップデータを提供してもらいましょう。

バックアップデータを提供してもらうには、手数料がかかりますが、いざというときには必ず役立ちますよ。

マルチドメインで複数のサイトが運営できる

マルチドメインとは、一つのサーバーで、複数の独自ドメインのサイトを運用できることです。例えば、X10を1つ契約すれば、sample.com、example.comの2つのドメインでWebサイトを運営できます。

そのマルチドメインを設定できる数が、エックスサーバーは無制限なんです。すなわち、何個でも独自ドメインを設定可能です。

ランディングページやミニサイトを複数運営したり、サービス毎に独自ドメインを利用することもできますね。テスト環境も作れるでしょう。

私も4つのドメインで、4サイトを運営しています。独自ドメインの数だけレンタルサーバーを借りなくてもいいので、節約できています。

また、メールアドレスも無制限に設定できるため、従業員やグループの数だけメールアドレスを発行することが可能です。

WordPressを簡単にインストールできる

管理画面から必要情報を入力するだけで、WordPressのサイトを構築できます。データーベースやPHPといった専門的な知識がなくても大丈夫ですよ。

私は本業がWebデザイナーなので、自力でもインストールできますが、あまりにも簡単なので、エックスサーバーの機能を利用してます。

「独自ドメインでブログを運営したいけどWordPressがよくわからない」という人にもおすすめです。

わからない時はどうすればいいの?

平日の10:00〜18:00まで、電話サポートがあり契約前でも契約後でも直接、不明点を確認できます。私も何度か電話をしたことがありますが、的確に答えてくれて安心しました。

土日祝や受付時間外の場合は、24時間365日のメールサポートを利用しましょう。48時間以内に対応してくれます。

また、すぐに知りたいという人のために、充実したマニュアルページが用意されています。説明がわかりやすく、大体の問題はここで解決しますよ。エックスサーバーは、サポートが親切という評判をよく聞きます。

エックスサーバーのデメリット

大規模サイトの運営

エックスサーバーのプランは、共有サーバーのみです。数十万ページの大規模な企業サイトや顧客情報を多く取り扱うWebサイトは、サーバーを独占できる専用サーバーの方がいいです。

簡易的な利用

数ページの趣味サイトやプロフィールページを置く程度の用途なら、さくらやロリポップといった数百円のレンタルサーバーでもいいでしょう。ブログや企業サイトなど、ある程度のボリュームが必要になってくると、エックスサーバーがおすすめです。

エックスサーバーの申し込みについて

お得な申し込み方法

▽お試し期間
エックスサーバーには、10日間の無料お試し期間が用意されています。サーバー移転やシビアな用途であれば、表示スピードやプログラムが実装できるかをテストしてみるとよいでしょう。

▽独自ドメインが無料
X20、X30プランなら独自ドメインが無料でもらえます(.com / .net / .org / .info / .biz のいずれか一つ)。契約期間中の管理料1,500円/年(税抜)も無料なので、ドメイン代金がかからずお得です。

X10の場合でも、頻繁にキャンペーンが行われているので、無料で独自ドメインを手に入れるチャンスは多いですよ。ちなみに、私も.comドメインを無料でいただきました。

▽契約期間による割引
エックスサーバーは前払い制です。支払い時には、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の中から契約期間を決める必要があります(続ける場合は契約期間終了後に契約更新)。長い契約期間であるほど料金が安くなります。最大で1ヶ月あたり300円(税抜)もの差になります。

私は、12ヶ月(1年)で契約して、1年経ったらまた12ヶ月で契約更新しています。36ヶ月の方がお得ですが、もしかすると、サーバーを乗り換えることや、ブログを辞めることがあるかもしれないからです。

利用開始までの流れ

利用開始までの流れは以下のようになります。

(1)申し込み(必要次項を入力)

(2)設定完了メール受信(24時間以内にサーバー設定完了のメールが届く)

(3)料金の支払い手続き(10日以内)

(4)支払い確認メールの受信

(5)正式に利用開始

私の場合では、(2)の設定完了メールは、すぐに届きました。その後、コンビニで決済をして、家に戻ってきたらもう支払い確認のメールが届いていました。

エックスサーバーが運営する他のレンタルサーバーとの違い

wpX


WordPress専用のレンタルサーバーです。WordPressが快適に運用できる環境にこだわり、高速化を実現しています。ワンランク上の高速化を目指したい人はこちら。

シックスコア


よりビジネス(企業)向けに特化したサーバー。強力なスパム対策、WAF機能、セコム定期診断などセキュリティ対策が充実しています。サーバー本体一台を独占できるハイスペックの専用サーバーもあります。数万ページ規模のサイト運営やセキュリティ重視のコミュニティサイトやオンラインショップならこちら。

エックスドメイン


独自ドメインが取得できます。エックスサーバーとの連携がしやすいので、エックスサーバーを利用している人におすすめ。しかも、国内大手のお名前.comと同じくらい安いですよ。また、容量1Gですが、無料でサーバーが使えるのも魅力的です。私も3サイト分のドメインをエックスドメインで取得してます。

エックスサーバーの最大の魅力はコスパのよさ

エックスサーバーの魅力は、なんといってもコストパフォーマンスのよさです。高機能なサーバーを1,000円代でレンタルできるので、運用費をおさえることができます。

数百円のレンタルサーバーでは「速度が遅い」「使い勝手が悪い」など、安かろう悪かろうで、サイト運営をやればやるほど満足できなくなってくるんです。

そこから脱却するために、ワンランク上のエックスサーバに乗り換える人は多いです。当然、後から乗り換える作業は面倒ですので、企業サイトや個人ブログ、アフィリエイトなど、長く利用することがわかっているなら、最初からエックスサーバーを選ぶことをおすすめします。