35歳で会社を辞めてサイト運営で生計を立てているフリーランスのブログ

現役Webデザイナーがお答えします

さくらレンタルサーバーの評価|個人から法人まで信頼できるスタンダード


個人利用から法人まで、低価格で幅広いニーズをカバーしているのがさくらのレンタルサーバーです。

運営しているさくらインターネットは、東証一部上場企業。1996年から共有レンタルサーバのサービスを展開している老舗で利用件数は40万件を突破してます。国内では最大手。

月額129円からの超格安プランから、セキュリティの高いビジネス向けプランまで、利用する人に合わせた豊富なプランが魅力です。

料金 月額129円〜
容量 10GB〜
WordPress スタンダードプランより利用可能
運営会社 さくらインターネット株式会社

こんな人におすすめ

・ビジネス向けでも低価格
・個人ブログやアフィリエイトサイト
・WordPressを構築したい
・信用があるサーバー会社がいい
・はじめてのレンタルサーバー

3つの強み

低価格でも信頼できるレンタルサーバー

私は十年前からWeb制作の仕事をしています。当初から中小企業やショップのWebサイトのサーバーは、さくらを利用しているケースをよくみてきました。

小規模から中規模なサイトで、安いレンタルサーバーがいいというケースでは、さくらが候補にあがります。会社規模が大きいため、信頼を重視するビジネス向けでも上司への説得材料にしやすいでしょう。

月額数百円で展開しているレンタルサーバーは数々ありますが「低価格なのに信頼できる」という点で優れています。コストパフォーマンスの追求には、今後にも期待がもてます。

サーバーの安定性

価格やサービスよりも最もサーバーに求めなければならないのは安定性です。安くてもトラブルが多いサーバーでは、訪問してくれたユーザーを満足させるサービスを提供できません。

さくらのサーバーは「安定」という点でも評価が高く、稼働率は99.99%以上を誇ります。その要因は、安定したサーバーを維持するための体制です。

震度7の地震にも耐えるという強固な地震対策により、東日本大震災においても被害ゼロという実績を残しています。とはいえ、災害や故障は100%防げるものではありません。

それを防ぐための2次対策として、データーのバックアップ環境を整えています。以前、大手サーバー会社でデータが消滅する大きな事故が起こったことがあります。そんな最悪な自体を防ぐ体制づくりにも信頼をおけます。

用途に応じて選べる幅広いプラン

さくらのレンタルサーバーでは、月額129円のライトプランからビジネスプランまで5つのプランが用意されています。

サイトの規模にもよりますが、最もおすすめなのは月額515円のスタンダードプランです。コストパフォーマンスがよく、はじめてのレンタルサーバーや小規模なオフォシャルサイトであれば十分に耐えうる性能です。WordPressを構築することもできますよ。

ただし、スタンダードプランは大規模なサイトやショッピングサイトの運営には容量と管理の面で不安が残ります。そんな場合におすすめなのがビジネス向けのプランです。

ビジネスプランでは、権限をユーザー毎に設定できる複数管理人機能が利用できます。部署ごとに権限を付与したり、複数人で運用する場合にセキュリティを高めることができます。個人で運用する場合は、あまりメリットは感じられないかもしれません。

さらに上の、ビジネスプロではIPアドレスベースの独自SSLが利用できます。ビジネスプロ以下のプランでも独自SLLの利用はできますが「SNI SSL(ネームベース)」なんです。SSLにはかわりありませんが、古いブラウザには対応していないことがあります。そのため、本格的なショッピングサイトや資料請求、申し込みが要であるサービスなら、最大限にSSLのメリットを提供できないことも。

しっかりとしたSSL環境を構築したいのであれば、ビジネスプロがおすすめです。

なので、会社のサイトだからといって、必ずしもビジネスプランを選ばなくても大丈夫です。複数管理人機能やIPアドレスベースのSSLを利用しないのであれば、料金の安いスタンダードプランでも十分です。

さくらのレンタルサーバーは、2週間のお試し無料期間が設けられています。